前へ
次へ

老人ホームの一つとしてあるのがグループホーム

多くの老人ホームがあるわけですが、グループホームとは要するに自分である程度は自立して行動できる場合に入ることができるところになります。そういう意味においては割と入りやすいタイプの老人ホームであると言えるでしょう。グループで相互扶助で動くことになります。つまりは、生活を集団で行うということになりますので通常の老人ホームとはやや趣が異なるということは間違いありませんのでその辺はかなり特徴的な部分であると言えるでしょう。当然介護も行なっているわけですからそこそこ行動や活動に対して制限がある人というのも受け入れてくれるようにはなっていますからそこも利点になっています。認知症などの人がよく入ったりしているのは、寝たきりではないので活動ができないわけではないという状況の人を一緒に行動させるということでそれなりにうまくいくからです。問題行動などがあるとさすがに厳しいことはあるのですがそうでもない場合は割と受け入れてもらえることが多いです。

Page Top