前へ
次へ

費用を考えて老人ホームを選ぶ必要がある

若い時にはそれから住む住宅のために数千万円の住宅ローンを組むこともあります。仕事をして収入を得、そのお金でローンを返済していくので特に問題はありません。しかし住宅ローンを完済すれば終わりではなく、その後は老後の生活を考えなくてはいけません。一応公的年金はあるものの現役時代の収入より大幅に減る可能性が高く、同じような水準で生活をするのは難しいかもしれません。老人ホームに入るなら、そのための費用を考えておく必要がありそうです。老人ホームを選ぶうえで大事になるのが費用面の問題で、きちんと資金計画を立てていないと将来的に利用できなくなる可能性もあるので注意しましょう。入居する時にはまず入居一時金が必要になり、さらに毎月の利用料金が必要になる可能性があります。設備がいいほど入居一時金が高額になりがちで自由度も高くなります。入居一時金が少なくて済むタイプもありますが、その分他の人との距離が近いところもあり生活がしにくいと感じるかもしれません。

Page Top